障害者と家族を支える輪をつくる|一般社団法人神戸太陽の風

神戸太陽の風

お気軽にお問い合わせください078-647-8672

お問い合わせ 神戸太陽の風TWITTER

神戸太陽の風KOBE TAIYO NO KAZE

計画相談支援

平成24年4月の法改正により、障害福祉サービスを利用するためには、従来の障害支援区分が決定後、適切なサービスの利用に向けて、特定相談支援(計画相談支援)事業者(障害児相談支援事業者)等が作成するサービス等利用計画案を市に提出することが定められました。
以降、対象者の枠を徐々に拡大し、段階的に計画相談に移行する形ではありますが、提出されたサービス等利用計画案を勘案して障がい福祉サービスの支給決定がされ、正式にサービスの利用がはじまります。その後は、サービスの利用状況や住環境、生活環境の変化に応じて一定期間ごとにモニタリングを行い、サービス等利用計画の見直し等を行います。
これらの支援を計画相談支援といい、原則としてすべての障害福祉サービス等を利用する障がい者等が対象となります。詳しくは、区役所かお近くの障害者地域生活支援センターなどにお問い合わせください。

1.障害支援区分
障害の多様な特性その他の心身の状態に応じて必要とされる標準的な支援の度合を総合的に示すもの
2.特定相談支援(計画相談支援)事業者(障害児相談支援事業者)
専門的な知識と資格をもった相談支援専門員が利用者からの依頼を受け、本人に代わって「サービス等利用計画案」を作成する事業所
3.サービス等利用計画案
障がい福祉サービス等の利用に向けて障がい者心身の状況や意向その他事情を勘案し、利用する障がい福祉サービス等の種類および内容等を記載したもの、特定相談支援事業者等の他、自分自身で作成することも可能(セルフケアプラン)
4.モニタリング
居宅訪問や面接等を行い、障がい者の生活実態と利用中のサービス等がマッチしているかどうかをチェックします
5.計画相談支援
支援に係る費用は全額公費負担となりますので、無料でご利用いただけます(交通費等の負担が発生する場合もあります)

相談支援サービス等

神戸太陽の風で対応しているサービスの種類についてご紹介します。

・特定相談(計画相談支援)


・障害児相談支援(計画相談支援)

計画相談ではない通常の相談支援事業も行っています。
計画相談支援においては契約が必要です。

このような時にもご相談ください

  • サービスを受けたいんだけど、どのサービスを使えばいいのかわからない
  • 介護保険サービスと移動支援サービスを併用しているけど、移動支援でどこまでできるのかわからない
  • 介護保険はケアマネジャーさんが助けてくれるけど、障害福祉サービスの連絡調整等が大変で困っている
  • 障がいを持つ子供の対応で困っている
  • 複数の事業所を使っているけど、混乱してしまってどうやって調整したらいいのかわからない

など、ご本人やご家族等のご相談はもちろん、サービス提供しているヘルパーさんやケアマネジャーさん達のご相談についても応じています。

ご相談される際には、事前にご連絡いただきご予約ください。
ご相談には真摯に対応していきますが、問題を代わりに解決したり指導を行うためのものではありませんので、周囲の理解と協力を経てご自身で解決していただくことが必要です。